« 放っておくだけポークジャーキーの作り方 | トップページ | 愛犬のために覚えておきたいこと »

2017.09.19

動物愛護週間 『動物との絆』

動物愛護週間によせて改めてのコラムです

 

Photo

 人間は、原始の時代より動物を含む周囲の様々な環境因子を自らの生活のバロメーターとしてきました。

 

 たとえば 森林から鳥の群れが急にザワザワと飛び立つ姿や小動物があわてる姿は 捕食性の動物の接近、異変の前ぶれなど、なんらかの 危険を知らせる「黄、赤信号」と感じるのです。

 人間は緊張し、「闘争」、「逃避」の準備を自動的に 行います。

その結果、筋肉の緊張、心拍数の上昇、血圧の上昇と いったストレス反応が出現します。

 

 逆に、シカの群れが草原で休んでいる姿など動物がくつろいでいる姿は 、安全であるという「青信号」と感じるのです。

 安心感をもたらし、緊張をときほぐし、ストレスを解消するのです。

 

 このように原始の時代から私たち人間と動物達は共生してきました。

動物が好きか嫌いか、飼育経験があるか ないかは、関係ないのです。

身体の中に組み込まれた遺伝子レベルの事象なのです。

 

13112403_1029235523829301_111937292

 また、動物のリラクゼーションと人間のリラクゼーションは、連動しているものであり、動物が人間の精神に対して、良好な影響を与えるためには、動物自身が緊張を感じることなく、安心しきった状態でいなければならないのです。

 

 精神的打撃によるストレスが加わった場合の通院回数を比べると、ペットを飼っている人の方が飼っていない人よりも通院回数が増加しづらいとの報告もあります。

 

Main03

 私達は原始の時代から、動物たちを良きパートナーとして生きてきたのです。

そして、これからも・・・

 

 私は幼い頃から犬と暮らしていますが、辛い時も悲しい時も彼らのおかげでどんなに救われたことか、また、たくさんの喜びも運んでくれました。

 

 生憎、日本は動物に関しては後進国です。

でも、私たちにもできることがあり、それを実行していきたと思っています。

人と動物が共生した よりよい社会にするために動物も一個の命ということと責任感を忘れずに、絆を大事にしたいと思っています。

 

 捨てないで! 動物の命と優しい心  終生飼育を!

---

動物愛護週間:920日から26日は動物愛護週間です。

動物愛護管理法では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めるため、920日から26日を動物愛護週間と定めています。

http://jpta.d.dooo.jp/

|

« 放っておくだけポークジャーキーの作り方 | トップページ | 愛犬のために覚えておきたいこと »

コメント

るみさん、コメントありがとうございます。
大阪は長寿犬の表彰があるんですね!
素晴らしい~
成人式(20歳)目指してくださいね。

投稿: JPTA | 2017.09.20 14:14

明日から動物愛護週間ですネ
大阪府は16歳から長寿犬を表彰して貰えます
ウチのノアも3月に16歳になり目出度く表彰の運びとなりましたぁ
20歳目指して頑張ります

投稿: るみ | 2017.09.19 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157702/65802161

この記事へのトラックバック一覧です: 動物愛護週間 『動物との絆』:

« 放っておくだけポークジャーキーの作り方 | トップページ | 愛犬のために覚えておきたいこと »