« 犬 マッサージレッスン 資格取得セミナー | トップページ | 犬猫 免疫マッサージセラピストになるには »

2017.08.23

犬猫も心の病

犬や猫の問題行動が、「心の病」と関係しているケースもあることが分かってきました

室内飼いの増加など、犬や猫にとってストレスや不安を抱えやすい環境が背景にあるようです

そうなんです

犬や猫にも心があるんです

「攻撃行動」「分離不安」「常同障害」等・・・

常同障害・・・同じ行動を過度に繰り返す症状

  ex.自分の尻尾を追うようにぐるぐる回り、時に尻尾をかみ切ってしまうことも

また、光や影を追いかけたり、自分の体をなめ続けたりする

このことは東京都の動物取扱責任者の研修でも取り上げられていました

 問題行動を治療する動物病院は増えていて、

「日本獣医動物行動研究会」が、専門性を持つ獣医師を認定する制度も作り、

東京、神戸市などの7人が認定されているそうです


ペットを心の病にしないためにどうしたらいい!?

 「愛犬や愛猫の普段の様子を意識的にチェックして」

例えば

トイレに行く回数、排せつの量などを覚えておく

(変調があった時にすぐに気付ける)

あくびや舌なめずりが増えるのもストレスのサイン

早期発見、早期対応が大切です

どうしたらいいの!?

たくさん遊んであげる(おもちゃで遊ばせる等)

いつもと違うお散歩コース

リラックスさせてあげる(マッサージ)

Img_3098

心も体も元気が一番!

|

« 犬 マッサージレッスン 資格取得セミナー | トップページ | 犬猫 免疫マッサージセラピストになるには »

ドッグマッサージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157702/64728228

この記事へのトラックバック一覧です: 犬猫も心の病:

« 犬 マッサージレッスン 資格取得セミナー | トップページ | 犬猫 免疫マッサージセラピストになるには »