« 免疫マッサージ(ドッグマッサージ)認定資格取得セミナー | トップページ | 自然モルヒネー!? »

2016.03.05

ガンが消えた奇跡の犬ウィンディー

        『Windyが残してくれたこと』

免疫マッサージを始めたきっかけ・・・

社)日本ペットセラピー協会 代表理事 近藤千津子

Windyが8歳の頃、体をしきりになめるようになりました。
気になって触ってみると、そこには黒い「しこり」があり、獣医さんから「皮膚がん」と言われ手術をしました。
幸いにも手術は成功したのですが、再発の恐れがあるので、日頃の生活に注意するよう指示されました。

元来、丈夫で運動が大好きなWindyです。

手術後も元気に暮らしていました。

しかし、1年後いつものようにWindyと触れあっていた所、またしこりを発見しました。
日頃から注意していた事もあり発見できたのですが、見つけた時は絶望的な気持ちになりました。

獣医さんからは生検を1ヶ月後に行うと言われました。
薬を渡されるでも無く、ただ検査を待ってと言われても、何もしないわけにはいきません。

それから私はWindyに毎日、朝晩かかさずマッサージをしました。
マッサージの際には「大丈夫だよ。必ず良くなるからね。頑張るんだよ。」
と声を掛けながら、祈るような思いで繰り返し繰り返し行いました。

1077018_452592584835911_50266127_o




1ヶ月後、検査を行おうとした獣医さんが「がんが消えた」と
首をかしげながら、何度も患部を確認していました。
「信じられない」と獣医さんは驚いていました。

私はうれしさの余り立っていられない程でした。
と、同時に毎日のマッサージがWindyを救ったのだと確信しました。

当時、私は免疫マッサージを始めたばかりで、飼い主の皆様からは
「犬じゃ無くて私をマッサージしてよ」と言われるなど
世間からは物珍しがられるばかりで、とても苦労していました。

そんな駆け出しの私とWindyは一緒に全国を回りました。
あちこちで、Windyをモデルにマッサージのデモンストレーションをしたんです。
Windyはとてもマッサージが好きで、デモの最中どんなに周りが騒々しくても、
私のマッサージにうっとりした表情を見せてくれます。

そのWindyの反応を見た方々を通じて、私のマッサージは評判となり、仕事も増えるようになりました。

そして、windyは犬生を全うして天国へ旅立ちました。
それは私にとって、とても辛い出来事で、仕事は勿論、何事にも手がつかない日々が続きました。
人と話していて、突然理由も無く涙が溢れたりもしました。

その姿を見かねたのでしょうか、仕事で大変お世話になっている方から
「Windyは自分の役目が終わったと思って天国に行ったんだよ。
もう、これからは君一人で頑張れるとWindyは安心して旅立ったんだ。」

その言葉に私は救われました。思い返せばWindyの為に祈るように続けたマッサージ。
Windyの回復によって私はマッサージという仕事に自信と誇りを持つことができました。

そして、Windyが最高の表情で私のマッサージをアピールしてくれたお陰で、
免疫マッサージが全国に広まりました。

Windyと日本中を駆け巡った日々は今でも忘れる事はありません。

「マッサージを通じてペットが元気に長生きし、人との絆を深める」

その思いを胸に、私は一人でも多くの飼い主さんがペット達と幸せに暮らせるよう
これからも免疫マッサージを伝えていきたいと思います。

最後に、Windyへ『心からありがとう。私は頑張ってるからね!』


http://homepage2.nifty.com/therapy-wan/

|

« 免疫マッサージ(ドッグマッサージ)認定資格取得セミナー | トップページ | 自然モルヒネー!? »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157702/57776521

この記事へのトラックバック一覧です: ガンが消えた奇跡の犬ウィンディー:

« 免疫マッサージ(ドッグマッサージ)認定資格取得セミナー | トップページ | 自然モルヒネー!? »