« 2016年1月9日 | トップページ | 2016年1月18日 »

2016年1月14日

2016.01.14

吠え声の種類いくつ知ってますか

英語バージョン犬の吠え声

「Bark」は日本人の耳には「ワンワン」と聞こえるもの、意志が強い

「Woof」はもうちょっと甘えた感じがあり、どちらかという「アンアン」と聞こえる声。Barkに比べるとより要求度が増している時にも聞かれますし、かつどうしたらいいか迷っているような時

「Moan」というのは遠吠えとまでは言いませんが、犬がまるで何かを喋っているような感じ

「Growl」は唸り声

「Snarl」も唸り声、Snarlのほうがより攻撃的で、この状態では鼻に皺を寄せ、牙(歯)も見せており、今にも咬みつく勢い

「Whimper」と

「Whine」は子犬のような甘えた声で、不安や不満がある時など

日本人がこれを擬音で表現すると両方ともクンクンとなってしまいそうですが、よく聞いてみると声の高さが違い、Whimperのほうが高くてWhineのほうは低い

「Yelp」は痛みや恐怖がある時に鳴くキャンキャンキャンという声

「Howl」は遠吠え

「Sing」はサイレンなどに共鳴して出す遠吠えのような声

「Bay」はハウンド種が獲物を追いながら発する追い鳴き

日本にもこのような適切な文言があるといいのに・・・

P5170050


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月9日 | トップページ | 2016年1月18日 »