« 注目を集めるわんちゃん達の再生医療 今後の新たな取り組みに期待! | トップページ | »

2015.09.02

犬インフルエンザ

2015年、アメリカのシカゴで1137件の犬のインフルエンザ感染とそのうち6件の死亡が確認されたそうです

犬インフルエンザは高熱が出た時は要注意です

ワクチンに含まれている「パランフルエンザワクチン」では効果がないそうです

潜伏期間: 2-5日
ウイルス排泄時期: 4-7日
症状: 咳 (ケンネルコフに似た症状)・倦怠感・食欲不振

感染したほとんどの犬は軽症で済んでいるようなので、

必要以上に心配することはなさそうです

また、犬インフルエンザは人にはうつらないそうです

Nec_0067

|

« 注目を集めるわんちゃん達の再生医療 今後の新たな取り組みに期待! | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157702/62197734

この記事へのトラックバック一覧です: 犬インフルエンザ:

« 注目を集めるわんちゃん達の再生医療 今後の新たな取り組みに期待! | トップページ | »