« マッサージ動画☆ペットの社団法人認定資格 | トップページ | お花見、さくら、外国人 »

2013.03.26

動物保護法のすすんでいる国はどこ?

カリフォルニア州などの動物保護法

  1. 動物に対する次の行為が重犯罪として罰せられる。虐待・飼育放棄・動物同士を闘わせる闘犬等・遺棄・性的暴行(これで5項目)。
  2. 「適切な飼育法」が十分に具体的に定義されている。
  3. 1で挙げた5項目に関して、法による保護が完備されている。
  4. 動物虐待及び/又はアニマルホーダーの重犯には罰則の強化が適用される。
  5. 未成年者の同席する所での動物虐待には罰則の強化が適用される。
  6. 裁判所が、虐待された動物の没収を命令することができる。
  7. 有罪判決が下った場合、動物が強制没収される。
  8. 診察時等に虐待が疑われる場合、獣医師又は専門家による通報が義務づけられている。
  9. 警察官は動物保護法を施行することが義務づけられている。
  10. 動物保護官(いわゆるアニマルポリス)に広範な法的権限が与えられている。
  11. 虐待された動物の治療費などを補填する策が準備されている。
  12. 有罪判決を受けた者に対して、裁判所は動物飼育の制限を命ずることができる。
  13. 動物保護法違反者の精神鑑定及び/又はカウンセリングを実施している。
  14. 家庭内暴力の被害者に対する保護命令に動物を含むことができる。

Dvc00102

|

« マッサージ動画☆ペットの社団法人認定資格 | トップページ | お花見、さくら、外国人 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157702/57032401

この記事へのトラックバック一覧です: 動物保護法のすすんでいる国はどこ?:

« マッサージ動画☆ペットの社団法人認定資格 | トップページ | お花見、さくら、外国人 »