« そごう横浜 ドッグマッサージなう! | トップページ | 知っておきたい愛犬のケア『ドッグマッサージ』 »

2012.03.23

「わんにゃん号」

震災から1年が経ちましたが、現在も困難な状況にあるペットと飼い主の皆様がいることを踏まえ、支援の一端を担ってくださっている岩手県での心強いお話です

震災発生後、怪我をしたペットがいてもどこへ連れて行ってよいのかわからない、近所の動物病院が被災してしまい、持病のあるペットを抱え途方に暮れる飼い主等が数多く発生しました。

岩手大学動物病院では本来大動物用であった診療車を活用し、薬や医療器具の他、ペットフードを乗せ、被災地を巡回し緊急支援を行いました。

マース ジャパンは"Better World for Pets(ペットのためのより良い環境をつくる)"を理念に掲げる企業として、この活動に賛同し、岩手大学のペット専用往診車製作に関する費用支援をすることにいたしました。

この車両は、2トントラックを改造し、レントゲン、超音波診断装置、血液検査機器、吸入麻酔機などの最新の診断・医療機器を装備した特殊車両であり、また、日本では初めての災害時におけるペット専用の往診車となります。 (WPNより)

今後、岩手県内の仮設住宅を中心に被災したペットの健康をサポートしてくださるそうです。

Dvc00001

|

« そごう横浜 ドッグマッサージなう! | トップページ | 知っておきたい愛犬のケア『ドッグマッサージ』 »

ペットと災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157702/54291474

この記事へのトラックバック一覧です: 「わんにゃん号」:

« そごう横浜 ドッグマッサージなう! | トップページ | 知っておきたい愛犬のケア『ドッグマッサージ』 »