« おうちでの健康ケア法 | トップページ | 今日のわんこご飯 »

2011.10.17

ペットがヘビに飲まれ飼い主ショック死

ペットの小鳥が目の前でヘビに飲まれ、飼い主がショック死するという悲劇が台湾で起きた。

 地元ラジオの報道などによると、事件は台湾中南部の嘉義県(かぎけん)中埔郷(ちゅうほきょう)の農村で発生した。

 農業を営む60代後半の男性・林さんは3年あまり前からムクドリの仲間、ハッカチョウを育てていた。

 ハッカチョウは物真似が得意で、人間の言葉をよく覚えることで知られる。

林さんの家でも孫が「おじいちゃん」と言うのを聞いてたちまち覚え、家族みんなに可愛がられていた。

 12日の明け方、愛鳥が激しく羽ばたいて鳴き声を上げているのに気づいた林さんが明りをつけると、巨大なニシキヘビが鳥カゴの中のハッカチョウを攻撃している。

とっさにヘビを鷲づかみした林さん、一旦はカゴから引き摺り出すことに成功したが、ヘビは鎌首をもたげて攻撃してくる。

 駆けつけた妻が鉄の棒で叩いても怯まず、凶暴にも人間に襲いかかろうとする。

ぐずぐずしているうちに、ヘビはふたたびスルスルと鳥カゴに潜り込み、一瞬にしてハッカチョウを丸飲みしてしまった。

 それを見た林さんは心臓発作を起こし、苦悶の表情でその場に倒れ伏した。

救急隊が駆けつけた時にはすでに事切れていたという。

 林さんには心臓の持病があり、惨事を目の当たりにして発作を起こしたらしい。

 ニシキヘビはお腹が膨らんで鳥カゴから出られなくなっているところを捕らえられた。

林さんのご冥福をお祈りします、、、

|

« おうちでの健康ケア法 | トップページ | 今日のわんこご飯 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157702/53017484

この記事へのトラックバック一覧です: ペットがヘビに飲まれ飼い主ショック死:

« おうちでの健康ケア法 | トップページ | 今日のわんこご飯 »