« 2011年10月27日 | トップページ | 2011年10月29日 »

2011年10月28日

2011.10.28

セミナー満席

  10月 30日

 ドッグマッサージ「アカデミックコース」は

 満席

 と なりましたのでお知らせします

 ありがとうございますhappy01

Pet_mimi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2か月ぶりに愛猫見つかる!

今年8月、米ニューヨークにあるジョン・F・ケネディ国際空港で移送中に行方不明になってしまったオス猫が、2ヶ月ぶりに無事見つかるというニュースが入ってきた。25日、アメリカン航空(AA)がFacebookで発表した。

 長らく行方がわからなくなっていたのは、カレン・パスコーさんの愛猫「ジャック」。転職のため、ニューヨークからサンフランシスコへ引っ越す際、ジャックともう一匹の愛猫「バリー」とともにAAの国内線を利用したパスコーさんだが、預託手荷物として2匹を預けたわずか30分後、係員から「ジャックがいなくなった」と聞かされた。

 2匹はそれぞれ別のケージに入れられていたそうで、米運輸省の報告書によると、係員は荷物運搬用カートにケージを重ねて乗せており、飛行機への積み込みを待つ間に何らかの拍子にジャックが入った上段のケージが落下し、衝撃でケージが開いて逃がしてしまったとしている。

 ジャック逸走の連絡を受けたパスコーさんとAAスタッフは、数時間に渡って手荷物受取所などを探したが、結局見つけることができないまま、パスコーさんは泣く泣くニューヨークをあとにした。

 その後、AAからの連絡が途絶えるなど対応が悪かったことから、うやむやにされることを懸念したパスコーさんはFacebookに専用ページ「Jack The Cat is Lost in AA Baggage at JFK」を開設。たちまち愛猫家やメディアの注目を集めることとなった。

 そのプレッシャーもあってか、AAは地上勤スタッフによる特別捜索チームを編成し、パスコーさんに協力を申し出たボランティアとともに、捕獲器を設置したり捜索犬を出動させたりと、2ヶ月に渡りジャックを探し続け、今回無事発見と相成った。

 発表によれば、ジャックは空港内の税関付近で見つかったそうで、即地元の動物病院に運ばれたという。AAが25日に発表した段階では「特に健康状態に問題はない」としていたが、翌26日に少々入院する必要があることを追記した。

 ジャックの現在の様子はパスコーさんのFacebookに、より詳細な情報が掲載されているのだが、かなり体重が落ちており、脱水症状に加え、長期間食べていないことから起こる脂肪肝の症状が見られるため、数日間は治療を行う必要がありそうだ、としている。

 AAは体力が回復ししだい、ジャックをパスコーさんが現在暮らしているサンフランシスコまで送る予定だそうで、無事彼らが再会する日も近いようだ。cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月27日 | トップページ | 2011年10月29日 »