« 2011年10月12日 | トップページ | 2011年10月14日 »

2011年10月13日

2011.10.13

愛犬お悩みNO1

 吠え癖

犬の声の種類は例えばプードルで4種、ジャーマン・シェパードで6種、アラスカン・マラミュートで2種といったように犬種間で差があり、ブルテリアに至っては12種ものレパートリーを持つそうです。

警戒吠え・縄張り吠えなど防衛システムの一環としての吠えや遊びの吠えもある一方で、社会から隔離されて暮らす「孤独な犬たち」の行う遠くの同類への吠えはオオカミのLonelyness-Cry(遠吠え)と同じ機能を果たしているといいます。

犬が吠える頻度についてはジャーマン・シェパードはアラスカン・マラミュートに比べ8倍吠えるなど犬種間で(遺伝的に)異なり、またそれにより相手への警戒シグナルの発し方もあまり吠えない犬では無声であるなど多少異なっています。これは犬のコミュニケーションにおける方言とでもいおうか、もちろんそこには犬種改良の歴史も関わってきます。ちなみに 吠え犬ランキングの上位を占めるのはテリア系やビーグル、チワワなど小型犬種のようです。

犬の声の種類は例えばプードルで4種、ジャーマン・シェパードで6種、アラスカン・マラミュートで2種といったように犬種間で差があり、ブルテリアに至っては12種ものレパートリーを持つそうです。

警戒吠え・縄張り吠えなど防衛システムの一環としての吠えや遊びの吠えもある一方で、社会から隔離されて暮らす「孤独な犬たち」の行う遠くの同類への吠えはオオカミのLonelyness-Cry(遠吠え)と同じ機能を果たしているといいます。

犬が吠える頻度についてはジャーマン・シェパードはアラスカン・マラミュートに比べ8倍吠えるなど犬種間で(遺伝的に)異なり、またそれにより相手への警戒シグナルの発し方もあまり吠えない犬では無声であるなど多少異なってくる。これは犬のコミュニケーションにおける方言とでもいおうか、もちろんそこには犬種改良の歴史も関わってくる。ちなみに BarkingDogs.net によると吠え犬ランキングの上位を占めるのはテリア系やビーグル、チワワなど小型犬種のようです。

要求のほか、歓迎、脅し、警戒、縄張り、興奮といろんなバリエーションの吠えはいろんな状況においてそれぞれ異なる意味を持ち、いろんな感情を表現するということを私たち犬と暮らす人間は分かってあげたいですね。

みなさんは、いかがですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月12日 | トップページ | 2011年10月14日 »