« 2011年6月25日 | トップページ | 2011年6月29日 »

2011年6月27日

2011.06.27

原発付近のペットが野生化、、、

福島第一原発周辺で飼い主が避難時に放し飼いにしたり、飼い主とはぐれてしまった多数の犬や猫が一部で野生化し、新たな問題になっています。

 原発20キロ圏内の立ち入り禁止区域では、放浪するペットの表情が日を追うごとに厳しさを増しています。

野生化した犬や猫の里親探しは難しく、被災したペットを保護するボランティア団体も頭を痛めているといいいます。

 放置されてもペットは誰かの“私有財産”である可能性が高いため、みだりに保護・処分できないジレンマもあります。

 一部では野生化したペットの繁殖が確認されていて、この状態が進むと将来的に人間による飼養が難しい野良犬、野良猫が増える可能性が高いとのことです。

 実際、チェルノブイリでは避難区域に住民が戻った際、野犬狩りが行われ多くの犬が殺処分になりました。Dvc00075

 そのような悲劇を招かないためにも、域内に残る放置犬、放置猫の去勢・不妊手術は急務だが、行政の手がまったく及んでいないのが現状です。

写真は記事とは無関係です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月25日 | トップページ | 2011年6月29日 »