« 15日の計画停電 対象地域 | トップページ | 福島原発からの距離 »

2011.03.15

避難先に愛犬も連れていくために

犬の場合などは毎日の散歩の際に会う、いわゆる「犬友達」どうしで、毎日の犬談議の合間に、防災や避難に関して話し合い情報交換をしておくことも大切です。

万が一避難先で動物連れであることがトラブルの元になるような場合も、飼い主が集まり、代表をたてて交渉すれば、問題解決がよりスムーズになるかもしれません。

ですから、避難先でお互いに協力し助けあえるように、日常的にコミュニケーションをとっておきましょう。

ご近所の方たちとも、お互いが飼っているペットについて話しておき、どこの家にどんな動物が何匹いるかなど情報交換しておきましょう。

そうすることで、飼い主不在時の対応や緊急時のお互いの助け合いが可能になることにつながります。Dvc00157

|

« 15日の計画停電 対象地域 | トップページ | 福島原発からの距離 »

ペットと災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157702/51129611

この記事へのトラックバック一覧です: 避難先に愛犬も連れていくために:

« 15日の計画停電 対象地域 | トップページ | 福島原発からの距離 »