« 認定資格取得セミナー | トップページ | 吠え癖 »

2010.05.30

ワンとの暮らしの幸福感

犬といてほっとする、というのは我ら愛犬家にとっては日常の経験だ。外から帰ってきたときに愛犬に迎えられることの喜び。布団に入って愛犬を撫で撫ですることで得られる満ち足りた気持ち。これがあるから犬と暮らして楽しいheart02

ところでこの幸せ感だけど、犬の何がどう作用して人間の感情に働きかけてくれるのか?そこには実は科学的な証拠があった。オキシトシンというホルモンの分泌がその秘密だ。

赤ちゃんを産むと母性本能があふれ出て、母親はふんわりと満ち足りた気持ちを経験する。どこから湧き上がってくるのか、この不思議な安堵感と幸福感。それは、オキシトシンというホルモンの仕業と言われている。

そして同じホルモンが、犬と接する時の我々(男女拘わらず)に出されているということが最近の研究によって明らかになっているのだ。

撫でられることや撫でることで得られる柔らか感触こそが、オキシトシンの分泌を最も促進するものであり、ひいては安らぎと平和感をもたらす、ということ。clover

愛犬といっしょにいるときの幸福感は、迷信でも思い込みでもなかったのだ。彼らといる幸せをいっそう感じられそうhappy01

|

« 認定資格取得セミナー | トップページ | 吠え癖 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
オキシトシンの分泌のお礼がしたいですよねheart02

投稿: セラピーワン | 2010.06.01 18:01

なんて素敵な日記heart01

そんな分泌物が作用していたなんて・・・!!

知らなかったですlovely

教えてくれてありがとうございます。

投稿: ma-ron | 2010.05.31 16:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157702/48498208

この記事へのトラックバック一覧です: ワンとの暮らしの幸福感:

« 認定資格取得セミナー | トップページ | 吠え癖 »